肌断食で使う「純石鹸」ってなに?洗剤や化粧石鹸との違いまでご紹介します。

肌断食純石鹸

肌断食について興味をもって調べていると「純石鹸」を使うことをお勧めしていることがほとんどです。

「石鹸と純石鹸って違うの・・・?」や「なんで純石鹸のほうがいいんだろう?」といった、肌断食初心者の方に向けて今回は純石鹸について詳しく紹介していきたいと思います。

この記事を読んでいただければ、純石鹸が肌断食中にどういいのかが理解できますし、使うべきおすすめの純石鹸まで紹介していますので、肌断食を一つ上のステージに引き上げられますよ。

純石鹸とは?

純石鹸というのは、脂肪酸ナトリウムと脂肪酸カリウムが98%以上と定められている石鹸を指します。

そのうえで添加物である合成着色料、防腐剤、合成香料、保存料などの不純物が一切入っていない石鹸が純石鹸なのです。

一方、無添加石鹸は、界面活性剤や防腐剤、着色料、香料などの添加物がどれか一つでも入っていなければ無添加石鹸と表示できる石鹸なんです。
ややこしいですね。

例えば防腐剤が入っていても着色料が入っていなければ無添加石鹸となってしまうわけです。
添加物を一切含まない純石鹸は、植物性の油や動物性の脂がベースとなって高い洗浄力を持っています。

お肌への負担もなくうるおいを守りながら洗い上げることができるので、洗浄力は優れているのにお肌に優しいというのが大きな特徴です。

合成洗剤との違い

合成洗剤は自然界には存在しない界面活性剤で作られたものです。

皆さんが良く使われている洗顔フォームやクレンジングが合成洗剤が使われているものになります。

合成洗剤で洗顔すると、確かに洗浄力はあるのですが毛穴や皮膚から微量ですが、洗剤が入ってしまい、角層を破壊してしまいます。

化学的に合成されたものなので、人の体の中で分解されにくく、人の細胞に対して高い毒性を持っていることが実験で分かっています。

化粧石鹸との違い

化粧石鹸は純石鹸に肌ざわりや香りをよくするために添加物を入れて作った石鹸です。

昔の純石鹸は不純物も多かったので洗浄力は強力でしたが、肌がガサガサになってしまいました。

そこで、化粧品会社は当時の純石鹸をより肌に優しいものにしようと、グリセリンや香料などを添加してつくる「化粧石鹸」を作りました。

確かに、洗い上がりはしっとりとするのですが、添加物が多く入っているので洗浄力が落ちてしまい、ファンデーションなどの化粧が落とせなくなってしまったのです。

純石鹸の特徴

純石鹸は添加物や保湿成分が一切含まれていないため、保湿力はありません。
ですが合成洗剤と同じか優っているくらいの洗浄力があります。

ベースとなる植物性の油や動物性の脂が界面活性剤の作用をするのです。
それほどの洗浄力があるのにお肌には優しいんです。

もちろん界面活性剤ではありませんからお肌が持つうるおい成分までを洗い流すことはありません。

また、純石鹸は皮膚に残ることはなく、分解もされやすいことから極めて毒性が少ない特徴を持っています。

無添加ゆえ合成洗剤のように毛穴から悪い成分が入り込んで角層を壊すようなことはなく、安全に使える石鹸です。

純石鹸が肌断食に向いているといわれる理由

肌断食では、合成界面活性剤でできているクレンジングや洗顔フォームを使うことは避けられています。

強力な界面活性剤のせいで肌のバリア機能を作っている、お肌の大切な部分を壊してしまうからです。

具体的に言えば、細胞間脂質と天然保湿因子をバラバラにしてしまうためです。

純石鹸は、クレンジングと同じくらいの洗浄力を持っています。
純石鹸というのは植物性の油や動物性の脂がベースになっていて、それらの力が界面活性剤の作用をしています。

ですから合成界面活性剤たっぷりのクレンジング剤を使わなくとも純石鹸での洗顔でメイクを落とすことはできるんです。
そのうえ、お肌のバリア機能は守られたままですから、やはり肌断食にはもってこいの石鹸だといえますね。

弱酸性は肌に優しくない!

「肌に優しい弱酸性の洗顔フォームを使えば、いいのでは?」という疑問があるかもしれませんので、弱酸性についてもどうなのかお伝えしますね。

お肌は弱酸性に保たれていますので、弱酸性の洗顔料で洗えばお肌に優しいのではないだろうか…という発想でできたのが弱酸性の石鹸です。
納得しそうになってしまいますが、弱酸性の石鹸も合成洗剤です。
肌バリアを破壊しお肌を荒れさせる石鹸の類に分類されてしまうんですね。

弱酸性の石鹸は肌に優しいというイメージがあるかもしれませんが、お肌の常在菌を殺してしまうので、かえってお肌にはよくありません。
弱酸性を保っていた常在菌が死滅したお肌は、徐々にアルカリ性になってしまいます。

弱酸性の石鹸でお肌をアルカリ性にしてしまう本末転倒な結果は、お肌に優しいとはいえませんね。

おすすめの石鹸はどれ?

純石鹸にも様々な石鹸があります。

できるだけお肌に優しくて洗浄力も高い純石鹸を使いたいなら、「シャボン玉石鹸 ベビーソープ固形タイプ」
をおすすめします。

シャボン玉石鹸は、赤ちゃん用の石鹸なのですが赤ちゃんにも使えるぐらい肌に優しいです。
もちろん、合成界面活性剤や香料、着色料などの成分は入っていない無添加せっけんなので、肌断食中には最適な石鹸です。

シャボン玉石鹸には、固形タイプ以外にも液体タイプの石鹸がありますが、お肌には固形タイプの石鹸が一番優しいです。

価格も一つで300円程度でやすいですし簡単に取り入れることができます。
今まで化粧水や保湿クリームや美容液に何千円、何万円とかけてきた方だと、節約できる額に驚くかもしれませんね。

もちろん、肌断食中に使えるおすすめな石鹸はシャボン玉石鹸以外にもたくさんありますので、他にどんな石鹸をどういう選び方をすればいいのかなーと思われた方は、
「肌断食中に使う石鹸のおすすめな選び方」で石鹸の詳しい選ぶ方法を紹介していますので、気になった方は見てみてください。

まとめ

肌断食中には合成界面活性剤が入っている洗顔フォームやクレンジングを使うよりも純石鹸を使うべきです。

純石鹸を使うことで、単にスキンケアをやめるだけの肌断食から一歩上の肌断食を実現することができます。

石鹸も値段は安くて簡単に取り入れることができますので、ぜひ一度試してみてくださいね。