オイルは肌にとって悪いってホント?!長期間オイルを使うとオイル焼けに繋がります

化粧品、保湿クリームはお肌に実は良くないのですが純粋なオイルもお肌にとっては悪影響があるってご存知ですか?

美肌のためになるべく自然に近いものをと気を付けてオリーブオイルやホホバオイルなどをつけても、皮膚のバリアを溶かして肌を逆に乾燥させて延焼させてしまいます。

今回はオイルが肌にもたらす悪い影響や、オイル焼けの原理、オイルの変わりに使ったほうがいいものまで紹介させていただきますね。

オイルがお肌を悪くする原理

オイルは界面活性剤を含んでいないので、クリームよりもいいイメージがあるかもしれませんが、実はオイルも化粧水や保湿クリームに匹敵するぐらい良くないものです。

油は油に溶ける性質があるので、角層を構成している細胞間脂質に溶け込んでしまいます。
「肌に浸透するならいいのでは?」と思ってしまいがちですが、肌に外から入ってきたものは異物として排除しようと働いて炎症を引き起こしてしまいます。

オイルの量が多いと、逆に細胞間脂質を溶かしてしまい逆に肌の機能を壊してしまうこともあります

オイルを長期間使うとオイル焼けを招く?!

またオイルを長期間使用するとオイル焼けというお肌が黒ずむ原因にもなります。

お肌の黒ずみは「皮膚の下の筋肉や血管が透けている状態」が原因の一つです。

正常なお肌だと角質細胞が役目を終えてお肌から剥がれ落ち、それがきっかけとなって、新しいお肌の細胞が作られます。
いわゆる「ターンオーバー」がうまく働いている状態ですね。

しかし、オイルで肌をベタベタにしていると角質細胞が剥がれ落ちにくくなるので、新しいお肌の細胞も作られなくなります。
正常なお肌だと、役目を終えて細胞が死んでしまっても、新しく細胞が生まれるのですが、オイルを塗っていると役目を終えて細胞が死んでしまっても新しい細胞は作られない状態になってしまいます。

結果として死んだ細胞だらけになって、皮膚自体が薄くなってしまい黒ずんで見えてしまうのです。

さらに肌表面に塗られたオイルは時間の経過とともに参加してしまい、過酸化脂質になっていきます。
過酸化脂質は肌にとっては刺激となるものなので、刺激から守ろうと炎症をおこし、メラニンが増えて黒くくすんで見えてしまうことにもつながります。

これがオイル焼けの原理です。

特に日光にさらされると酸化が進むのでオイル焼けがひどくなってしまいます。

ピュアオイルでもお肌にとっては良くありません

一般的に言われているのが「オイル焼けの原因はオイルに含まれる不純物なので、ピュアオイルなら大丈夫」というもの。

しかし実際はピュアオイルであってもお肌にとっては良くないものです。

確かに不純物が少ない分お肌への刺激は比較的少ないのですが、問題は毛穴を詰まらせてしまうことです。

毛穴が詰まってしまうと、肌の排泄がうまくいかずに老廃物質を貯め込んでしまいます。

特に夜の寝ているときは肌からの排泄が一番働く時間ですので、この時間を毛穴を詰まらせた状態で過ごすのは、一番良くないことです。

オイルの変わりにワセリンを使いましょう

ワセリンは石油由来の油分です。

ワセリンはどんなピュアオイルよりも酸化しにくく(酸化するのに数年はかかります)、肌に浸透しにくい性質をもっています。

なので、オイル焼けに繋がる「油が酸化」、「肌への浸透」の両方が置きにくい肌にとってとてもやさしいのです。

肌に浸透させて保湿をするという考え方ではなく、肌が荒れて外からの刺激を受けやすい状態の時に塗ってあげて外の乾燥などの刺激から守ってあげるという考え方で使います。

肌が乾燥してめくれ上がって粉を吹いている状態だと、めくれた細胞の隙間から皮膚の水分が蒸発しやすくなるので、少量ワセリンをつけて挙げて肌を乾燥から守れるというわけです。

まとめ

お肌にとっては良いと思われがちなオイルでのスキンケア。残念ながら肌の健康にはあまり良くない状況を引き起こしてしまいます。

しっかりとスキンケアについて正しい知識を身に着けて、最終的には肌断食をするのが肌にとっては最良の選択肢です。