肌断食 くすみ
お肌の悩みで多いのがくすみです。くすみは原因もいろいろあって、スキンケアで色々ケアしようと頑張ってもなかなか改善されない女性の悩みの種です。

でもほとんどの場合、肌断食をするとくすみは改善されるって知っていましたか?

今回はくすみがどういう原因で起こるのか?原因を肌断食で解決できるのか?など肌断食のメリットを紹介していきたいと思います。

まずはくすみの種類を知りましょう

最初はくすみにどんな種類のものがあるのか紹介していきますね。
きちんと原因を知ればどうやって解決するのかもわかってきますので、ぜひ読んでください。

メラニンくすみ

紫外線や肌の摩擦によってメラニンが生成されてできるくすみです。
メラニンはお肌がダメージを受けると身を守るために生成されるものなので、紫外線でお肌が破壊されると身を守るために生成されます。
また、気を付けたいのが洗顔やスキンケアをしているときの摩擦で生成されるメラニンです。
お肌をきれいにしようとしてお肌をケアするときにこすってしまってダメージが蓄積されてメラニンができてシミやくすみの原因になってしまいます。

乾燥くすみ

乾燥もくすみの原因の一つです。
乾燥肌になるとターンオーバーがうまく働かずに、普通なら満遍なく肌の角質がいらなくなると垢として自然に落ちていきますが、ターンオーバーが乱れているとうまくはがれません。
いらなくなった角質層がお肌の上にいつまでもいると、肌がくすんで見えてしまいます。

血行不良くすみ

血行不良で静脈が目立つために起こるくすみもあります。

実は血行不良によるくすみは、単に血行不良だけが原因でない場合も。
過剰に化粧品でスキンケアをしていると、本当はまだ役目のある角層まで剝がしてしまいます。

そうなると通常よりも早いターンオーバーの周期になってしまいますので、表皮が薄くなってしまいます。

意外と多いのがこの表皮が薄くなってお肌の深くに通っている血管が浮き出して見えてしまうパターンです。

黄ぐすみ

黄ぐすみは少し毛色の違うくすみです。
炭水化物などの糖を多くとる食生活をしていると、糖を分解するときに生成される成分でお肌が黄色くくすんでしまいます。

一番身近なのがみかんを食べすぎたら手が黄色くなるというものです。
あれはみかんの皮の黄色が手についているだけではなく、糖分を取りすぎてお肌が黄くすみを起こしてしまっているんです。

肌断食でくすみは改善されます。

くすみはさっき説明したようにいろいろな原因から起こってしまいます。

でも、実はこれらのくすみのほとんどを肌断食で改善することができるのです。

メラニンくすみに肌断食は最適

メラニンが生成されるのは紫外線のせいでもありますが、スキンケアのやりすぎによるものが結構あります。

クレンジングと泡洗顔のダブル洗顔をして、化粧水を塗って保湿クリームで蓋をしてさらに美容液を塗る。

時にはお肌をピーリングジェルでこすったり、角質パックをしたり。。。

結構皆さんやっているかもしれませんが、実はどれもお肌にとってはよくないことばかりで、明らかにこすりすぎです。

スキンケアをしすぎでくすんでいるのに「まだくすんでるから、もっとお手入れを頑張らなくちゃ!」とさらにスキンケアで悪化させてしまっている方が多いです。

肌断食とは?でも紹介していますが、基本的にお肌は自分で潤いをもたらす力を本当はもっています。

スキンケアのやりすぎに心当たりがある人はぜひ肌断食を試してみてください。

乾燥くすみは肌断食でよくなります

肌断食をすると始めたばかりの時はまだお肌本来の潤いの力が戻っていませんので、一時的に乾燥がひどくなります。

でもこの乾燥を乗り越えると、お肌の状態が良くなってきて乾燥しないお肌に改善されていきます。

乾燥しなければ乾燥くすみの原因になっていたターンオーバーの乱れも改善されるのでお肌からくすみがなくなってきます。

血行不良くすみは肌断食で表皮が適度な厚さになって改善されます。

血行不良くすみは直接血行を良くする効果は肌断食にはありませんが、スキンケアのやりすぎで薄くなっている表皮の厚さを適度な厚さに戻してくれます。

肌断食をすることで、角質が保湿の役目を終えるまでお肌の上にとどまらせてくれるので、早くなりすぎていたターンオーバーを通常の周期に戻してくれるんです。

黄ぐすみは肌断食では戻らない。。。

最後の黄ぐすみですが、これを肌断食でケアするのは少し難しいです。
ただし、原因ははっきりしていて糖分の摂りすぎです。

乱れた食生活は当然お肌によくありませんので、生活スタイルを変えるだけでも効果があります。

糖質を多くとっている食生活を送っていると、お肌の材料になるたんぱく質の量も足りていませんので黄ぐすみ以外のお肌のトラブルも多いのではないでしょうか?

きちんとした食生活で体の中からケアしてあげてください。