肌断食 オイル

肌断食を始めたとき、「ちょっと夜洗顔した後乾燥するのが嫌だからオイルだけでも・・・。」という感じでオイルをつかっている方はいらっしゃいませんか?

オリーブオイルや馬油やホホバオイルなど様々な自然なスキンケア商品としてオイルが販売されています。

でも実は肌断食でいくら自然なものでもオイルを塗るのはNGってご存知でしたか?

今回は肌断食中にオイルを塗ってしまうことで引き起こされる色々な悪い影響を紹介していきます。
もちろん、乾燥している状態をほっておくしかないということもありませんので、しっかりと乾燥した場合の対処法もお伝えしますので、参考にしてみてくださいね。

肌断食でオイルを塗ってはいけない理由

美容業界の常識では、「お肌にはオイルが良い!」とされていますね。

ドラックストアなどでもお肌のためのオリーブオイル、馬油、ホホバオイル、スクワラン、椿油など様々なオイルがあふれています。

基礎化粧品で整えたお肌に蓋をする役割があると謳われていますが、それって本当なのでしょうか?

たくさんのメディアやサイトでもオイルは乾燥を防ぐ蓋の役割をするという説明がされていますが、実際に試してはみたもののべたつくだけで「これって本当に潤っているの?」と疑問視された方もおられるのではないでしょうか。

なんとなく違和感があるけど、「お肌にはオイルを!」と推奨されているのでお肌にいいものだと信じて疑わずオイルを使用しているという状況なのではないかと思われます。

ここではっきりと言ってしまいますが、オイルで蓋をして乾燥を防ぐというのは誤りです。

お肌にオイルを塗って仕上げてもお肌の潤いにはなんの役にも立っておらず、むしろお肌を痛める原因になっています。

「オイルは肌にとって悪いってホント?!長期間オイルを使うとオイル焼けに繋がります」で詳しく説明していますが、健康なお肌もどんどん炎症し萎縮して薄くなってしまいます。

オイルが及ぼす悪影響①皮膚の上で酸化してしまう

オイルというのは、時間の経過とともに酸化して過酸化脂肪に変化してしまいます。

食用の油でも、出しっぱなしにしていた油や一度使用した油は酸化し体に悪影響を及ぼすというのは今や誰もが知っている常識ですね。

過酸化脂肪とは、文字通り酸化した脂質なのですが、これはお肌にとって最大の敵となってしまうのです。

お肌にオイルを塗っていていちばん恐ろしいのは、いわゆる「オイル焼け」。

お肌が黒ずんでいく状態をいいますが、なぜこのようなことが起きてしまうのでしょう。

オイルを異物だと認識したお肌は、抵抗し炎症を起こしてしまいます。

お肌は正直なのですね。

炎症が常であれば、それを守ろうとメラニンが増えだし、だんだんお肌はくすんできます。

また、オイルを使い続けると皮膚の萎縮から薄くなり血管なども透け始めます。

するともっともっとお肌は黒ずんでいき「オイル焼け」という状態になってしまいます。

メラニンはシミの元であることはご存知だと思いますが、お肌に良いと信じてきたものがシミの元を作り上げているとは恐ろしいですね。

オイルが及ぼす悪影響②ターンオーバーを邪魔する

お肌は約28日周期で新たな細胞に生まれ変わっています。お肌の新陳代謝であるターンオーバーですね。

表皮にはいちばん上に角層があり、いちばん下に基底層があるのですが、基底層で表皮の細胞がどんどん生まれているのです。

お肌を守る大切な使命をやり遂げると剥がれてさようなら。垢となって剥がれ落ち、新たな皮膚に生まれ変わります。

一つ細胞が剥がれ落ちるとまたきちんと一つ新たな細胞ができる機能を持ち合わせている素晴らしい機能です。

ですがお肌にトラブルがあるとターンオーバーがうまくできずにせっかくの素晴らしい機能もうまく働きません。

原因の一つに酸化したオイルが毛穴に詰まってしまうことが挙げられます。

要らなくなった細胞が自然に剥がれるには少しの乾燥が必要で、オイルを塗ったお肌は必要な乾燥ができないのです。

お肌がべたべたしているわけですから剥がれたくても剥がれることができません。

スキンケアでオイルを塗るのは、先に述べた炎症や皮膚の萎縮によって皮膚が薄くなる事態につながり、オイル焼けにまっしぐらの状況を生んでいます。

肌断食中どうしても乾燥する場合は?

肌断食を始めたばかりの時に乾燥してしまうのは当たり前ですが、肌の潤いの力が失われている状態では我慢できないぐらい乾燥してしまう場合もあります。

あまりに乾燥してしまうと、外からの刺激で炎症が起こってしまう場合もありますので、ある程度の乾燥対策は必要です。

毛穴が化粧で詰まっていないかを疑ってみる

まずはこれまで使用してきた化粧品を確認してみて下さい。化粧品にシリコンが含まれていませんか?

シリコンとは一般的に合成樹脂として使われるもので、耐油性や耐熱性、耐酸化性が優れています。
身近なところでは化粧品やシャンプーリンス、ティッシュペーパー、柔軟剤などにも含まれています。

化粧品に入れるのは、滑らかで良い肌触りを生じさせる目的のものです。

化粧品の成分表示を見ても、「シリコン」と直接は表記されていませんが、「ジメチコン」、「ジメチコノール」、「シクロメチコン」、「シクロペンタシロキサン」などと表記されています。

よっぽどシリコンに気を使っていて、ノンシリコンを選んでいない限りほとんどの化粧品に含まれているでしょう。

「このファンデーション伸びが良くてさらさらだわー」なんて思って使っていたのは、シリコンをお肌に塗っていたということなんです。

さらにやっかいなことに、シリコンは水にも油にも溶けないので、洗顔をしっかりしても毛穴に詰まったシリコンは落とせません。

シリコンが詰まった毛穴ではお肌が健全に働いていないということは言うまでもありませんね。

毛穴が詰まっているので、お肌が持っているうるおい成分が分泌したくてもできない状況なので、肌断食をはじめてもお肌が乾燥し続けることに繋がってしまいます。

乾燥ではなく古い角質が落ちてきていることを疑う

これまでターンオーバーで剥がれるはずの角質を化粧品やオイルでべたべたと抑えていたわけですから肌断食を始めればお肌の健康が取り戻されるまでの過程で、乾燥するのは仕方がありません。

特に先に挙げた毛穴のシリコン詰まりが考えられない状況で乾燥することは、肌のうるおいを取り戻している途中に起こることなので我慢のしどきです。

ただ、乾燥をただほっておくのも、炎症を招いてしまう場合もありますので、ある程度のケアは必要です。

乾燥が我慢できない時はワセリンを使う

今までの化粧品をやめたての頃や、冬の乾燥でお肌が乾燥してしまった時に使っていただきたいのはお肌に優しいワセリンです。

乾燥からのお肌の炎症を防ぐために一時的な使い方でごく少量のワセリンを塗ってください。

ワセリンは肌に塗っても害になりにくい成分で、少量で効果があるので肌断食中の乾燥対策には最適です。

まとめ:肌断食はオイルなしでも成功します!

肌断食にチャレンジすることは、これまでのスキンケアの意識を大きく変える必要があるため一歩踏み出す勇気が出ない方もおられるでしょう。

その気持ちは十分に分かりますが、お肌の持つ本来の機能を働かせてあげる環境にオイルは良くありません。

オイルは、本来持っている大切な肌バリア機能を妨げているのですから必要ありませんよということです。

肌断食を正しく行うことで、お肌が肌バリア機能を取り戻せば自然と毛穴詰まりも黒ずみも無くなり、続けていくうちに就寝時には毛穴は綺麗な状況になります。
「夜だけ肌断食の具体的な方法!2つのステップで肌の力を取り戻しましょう」で詳しく肌断食の具体的な方法を説明しています。

肌断食が成功してお肌の新陳代謝は活発になりだすと、化粧品でスキンケア無しでお肌の力だけで保湿もでき外部からの刺激からも守られます。
やっかいな炎症も乾燥もなくなってきます。

是非正しい肌断食のやり方を身に着けて素肌力をアップさせましょう♪