多くの女性は、すっぴんがキレイであればいつでもノーメイクでいたいと思いますね。
肌断食の理想はスキンケアをしないだけでなく、できるだけノーメイクで過ごすことなのですが、現実的にはなかなかそうもいきません。

「肌断食をしたいけど、すっぴんで人前に出るなんて考えられない!」
「肌断食でも化粧をする楽しみがなくなるのは嫌だな~」

なんて、肌断食をしている人しようとしている人は悩みがちですよね。

でも、肌断食で大切なポイントを押さえていくと、十分肌断食中でも化粧をしながら続けることができます。

今回はそんな肌断食中に化粧をしたい人向けに、段階を踏んだ化粧の工夫の仕方について紹介させていただきます。

全部で3つの段階を紹介していますが、全部できるようになる必要はありません。
まずはステップ1の方法を試していただいて、できるなら次のステップに進んでいくという感じで取り組んでいってくださいね。

ステップ1.普段通りの化粧品を使いながら肌断食

まずは化粧品を完全に絶つようなことをせずにいつもの化粧品を使いながらの肌断食を考えていきましょう。

いざ肌断食!と張り切ってすっぴんで最初からスタートするとほとんどの場合挫折してしまいます。
最初は、普段通りの化粧品を使いながら肌断食を始めましょう。

具体的な方法は夜だけ肌断食の具体的な方法!2つのステップで肌の力を取り戻しましょうで詳しく説明しています。

普段どおりの化粧品を使いながら肌断食をするときには、特に洗顔に気をつけないといけません。

化粧品に使われている成分に気を付けていなければ、ほとんどの方が使っている化粧品には「界面活性剤」や「シリコン」が含まれてしまっています。

界面活性剤やシリコンを含まない化粧品を使っているのならば肌断食ですすめる水洗顔(ぬるま湯洗顔)で十分メイクは落とせますが、そうでない場合は無添加の石鹸洗顔でも水洗顔(ぬるま湯)でも毛穴は化粧品が詰まったままになってしまっています。

肌断食=水洗顔(純石鹸洗顔)というイメージだけで始めてしまうと、毛穴が詰まったままの状態で夜寝てしまうことになります。

肌断食を始めてもなかなか効果が上がらない場合、毛穴のシリコン詰まりが原因かもしれません。

そのような場合、肌断食自体をやめてしまうのではなく洗顔料をちょとだけ見直してみましょう。

肌断食専用のプルミエグランという無添加の洗顔料が毛穴に詰まったシリコンもきとんと落としてくれます。

もちろん界面活性剤は含まれておらず、美容ソルトの浸透力が毛穴から汚れを引っ張り出してくれるという無添加洗顔料です。

プルミエグランで洗顔したお肌は、洗顔後のスキンケアは不要となります。

プルミエグランの力で毛穴の化粧詰まりがキレイになると、お肌本来の健康が取り戻され何のスキンケアも要らなくなります。

ステップ2.使う化粧品の見直し

普段通りの化粧品を使いながらの肌断食になれて来たら、使っている化粧品の見直しをしてみましょう。

ファンデーションはミネラルファンデーションを使用するのが吉

ファンデーションは、クリームタイプやリキッドファンデーション、固形タイプや練りタイプと様々ありますが、特にクリームタイプやリキッドタイプは界面活性剤を使って水と油を混ぜて作られています。

界面活性剤はお肌に塗られると毛穴から皮膚の奥に入り込んでしまうので肌荒れの原因になってしまいます。

またステップ1で紹介した通り、シリコンが含まれていると毛穴の詰まりの原因になってしましいます。

使う化粧品を見直すときは「界面活性剤」、「シリコン」が含まれていない化粧品を選ぶようにして、石鹸だけで落ちるメイクにシフトしていきましょう。

石鹸だけで落ちるお肌に優しいファンデーションの代表が「ミネラルファンデーション」です。

そもそもミネラルファンデーションは、主に手術跡や火傷の跡などをカバーする目的で開発されたファンデーションです。

天然ミネラル成分がお肌に負担なく石鹸で簡単に落ちるように作られています。
お肌にとってそこがいちばんの利点といえるでしょう。

ミネラルファンデーションをつけるときは、パフではなくブラシでつけることが重要となります。

これはお肌をこするという刺激を避けるためです。

ブラシはいつも清潔に保つよう心掛け、こまめに洗って完全に乾かすことを忘れずに使うようにしてくださいね。

ただしミネラルファンデーションはお肌に優しい反面、化粧崩れが起きやすいのが難点です。

化粧崩れは化粧下地に工夫をすることでカバーできるので方法を紹介しますね。

化粧下地はワセリンを使うのが良いです

特に肌断食を始めたばかりの方はお肌の表面はまだまだ整っておらず、ミネラルファンデーションを直接塗っても化粧崩れを起こしてしまうことが多いです。

やはり化粧下地なしではミネラルファンデーションのなじみは良くありません。

ミネラルファンデーションを使うときにはワセリンを少量使って肌馴染みを良くしてあげましょう。

肌断食中のスキンケアにおすすめなのがワセリンです。

ワセリンはお肌に長くつけていても酸化しずらく、皮膚に浸透しないことから肌断食での乾燥の際には活用できます。

ワセリンを使うとパウダーがお肌になじみ、化粧崩れ防止として活躍してくれます。

使い方は「肌断食中のスキンケアはワセリンがおすすめ。具体的な塗り方や選び方は?」で詳しく紹介しています。

ファンデーション以外も基本的には水や石鹸で流せる化粧品を

お肌の大部分を覆うファンデーションの見直しをするだけでも効果的ですが、できることならアイメイクやリップなどのポイントメイクも水洗顔(ぬるま湯洗顔)や石鹸洗顔で落とせるタイプのコスメを選びましょう。

アイメイクもチークも口紅も水で落とせるタイプの商品が販売されていますからチェックしてみてくださいね。

これまで特にアイメイクなどはクレンジング剤などでこすり洗いしていたかと思います。

ウォータープルーフのアイメイクコスメを使っていた方はそのような洗顔が常だったことでしょう。

お肌をこする行為はお肌を痛め、自身が持ち合わせているお肌のうるおい成分までこすり落とし自己回復力を弱めてしまいます。

肌断食においていち早く取り戻したい自己回復力が遠のいてしまう行為です。

ファンデーション、ポイントメイク全てにおいて水や石鹸で落とせる化粧品に変えていきましょう。

ステップ3.完全肌断食(ベースメイクはなし)

ステップ2までのプチ肌断食をしていると、素肌本来のもつ保湿力が復活してキメ細やかな素肌になります。

ここまでくれば、ファンデーションなどの化粧下地は不要になってきます。

こうなれば女性としてとっても嬉しく、お肌の変化に毎日が楽しくなってきますね。

ですがここで油断してはいけません。

キメが整ってきたから少しだけ化粧水でもつけてみようかな?と多くの方が、せっかく肌断食で調子を戻してきたところにスキンケアをしてしまって、元の荒れたお肌に戻ってしまうことが多いんです。

ステップ2までの肌断食でお肌の調子を取り戻した方は安心せずにそのまま肌断食を続けてください。

ここまで来れば、お肌はベースメイクなしでも十分綺麗な状態になっていますので、ステップ3のベースメイクは無しでポイントメイクだけで化粧をしてみてください。

ここまでくれば、夜の洗顔でももっとこすらずに済みますし肌の調子ももっと良くなってきます。

まとめ

肌断食中のメイクは段階的に減らしていくことが大切です。

できる範囲から始めることが、肌断食を失敗しない一番の方法ですが、普段通りの化粧をしながら肌断食を行うときは特に洗顔の方法には気を付けてくださいね。

肌断食中の化粧のケアで一番大切なのは「毛穴を詰まらせない」ことです。

しっかりとここをケアできれば、肌断食は成功していきますので意識してケアしてあげてくださいね。