肌断食は乾燥肌、敏感肌におすすめ

肌断食はスキンケアをやめることになりますので、乾燥肌の方や敏感肌の方は「こんな肌の状態だったら肌断食なんてできそうにない・・・。」と思っていませんか?

風呂上りはつっぱって、スキンケアをしなければいられない!何も肌に塗っていない状態で過ごすなんて考えられないという方が多いと思います。

でも実はそんな人こそ肌断食が向いているんです。

というのも、乾燥肌や敏感肌の方のほとんどが化粧品によるスキンケアが原因で敏感肌や乾燥肌になってしまっているからなんです。

今回は肌断食で乾燥肌や、敏感肌にどんな効果があるのかを紹介していきたいと思います。

乾燥肌や敏感肌のメカニズム

乾燥肌は角層のバリア層が崩れてしまって、角質層の隙間から水分が抜けてしまっている状態です。

角層は健康な状態だと、水分と油分が折り重なるようにして作られていますが、乾燥肌の人は角質細胞の間の油分が抜けてスカスカになってしまいます。

乾燥肌がひどくなると、敏感肌になってしまいます。

敏感肌は乾燥のせいでバリア層が壊れてしまい、外からの刺激に対して肌を守ろうと炎症を起こしてしまうことで起きてしまいます。

スキンケア化粧品が乾燥肌や敏感肌を招くって本当?

スキンケア化粧品は、保湿やお肌に良いイメージがありますが実はお肌にとっては良くないものばかりが含まれています。

多くの人がしているスキンケアは

クレンジングをする⇒洗顔フォームでW洗顔⇒化粧水で水分を補給⇒保湿クリームで水分が蒸発しないように蓋⇒美容液などで栄養を補給してあげる

という流れが一般的です。

実はこの流れのスキンケアは医学的に考えると全部よくないことだらけなんです。

ここで紹介しているスキンケア用品には「合成界面活性剤」や「防腐剤」が含まれているので、お肌に悪いんです。

それぞれの化粧品がお肌にどう悪いのかは個別記事を作っていますので、気になる方は参考にしてみてください。

合成界面活性剤が肌に与える影響とは?

界面活性剤は水と油を溶かす性質を持っているので、油でできている化粧を溶かして落としてくれます。他にも保湿クリームは油分と水分が分離しないように界面活性剤を混ぜ合わせています。

界面活性剤がお肌につくと、肌本来が持っている保湿力を作り出している角層がバラバラになってしまいます。

表皮と真皮の役割でも紹介していますが、角層はレンガの壁のようなイメージで水分と油分が重なることで保湿を作ったりバリアの役割を果たしています。

界面活性剤でこの絶妙なバランスの構造が潰れてしまうんです。

防腐剤が肌に与える影響とは?

化粧品には水分が多く含まれているので、腐らないようにパラベンという防腐剤が添加されているものがほとんどです。

実はお肌にはいろいろな菌がいて、腸内フローラのような感じで悪い菌を良い菌が退治してくれます。

この良い働きをしてくれるのが常在菌と呼ばれるものです。

健康なお肌だと常在菌が活躍してくれるのですが、防腐剤の入ったスキンケア用品を使っていると常在菌がどんどん少なくなってしまいます。

常在菌が少なくなると、マラセチア菌という脂漏性皮膚炎を引き起こすカビの一種が繁殖してしまったり、敏感肌を加速させてしまいます。

スキンケアをやめるとどんどんキメが整ってきます

乾燥肌や敏感肌の人がスキンケアをやめると、普段のスキンケアでダメージを受けていたお肌が回復していって、肌のキメが整ってきます。

キメが整い、お肌の角質細胞の隙間が埋まるのでバリア機能も復活して保湿力が向上していきます。

肌断食は乾燥肌や敏感肌の方にこそ最適なんです。

まとめ

肌断食を始めるときは勇気がいると思いますが、乾燥肌や敏感肌の方にこそぜひ試していただきたい新しいスキンケアの方法です。

実際は肌断食をするにもコツがありますので、夜だけ肌断食の具体的な方法!2つのステップで肌の力を取り戻しましょうを参考に具体的にどうすればいいのか確かめながら実践してみてください。

化粧品のスキンケアを止めることで、どんどんお肌に潤いがもどってきますので是非試してみてくださいね。