肌断食中の角栓トラブル対処方法

肌断食中に起こるトラブルで多いのが「角栓ニョキニョキ」状態です。

中には角栓がやたら増えてしまって、せっかく始めた肌断食を断念してしまったり、毛穴パックなどの間違ったケアをしてしまって余計に肌を荒らしてしまうこともあります。

よくあるトラブルなのですが、きちんと角栓がなんでできるのか?理由を知ったり、きちんと肌断食中の角栓への対処法を知っていれば意外と簡単に角栓の悩みから開放されることもあります。

今回は、肌断食中に角栓で悩んでいる人や、過去角栓が原因で肌断食をやめてしまった人に向けて角栓の対処方法を詳しく説明していきますね。

角栓の正体

角栓は、過剰に分泌された皮脂の塊というイメージが強いのではないでしょうか?

実はイメージと違って、角栓の成分を調べてみると、ほとんどケラチンというたんぱく質の一種でできています。

お肌の角質細胞が役目を終わって、老廃物としてお肌から排出されたものでお肌が白く粉を吹くのと同じことが毛穴で起こっているんです。

お肌の角質層の働きが悪くなっていたり、毛穴が荒れているような方ほど角栓ができやすいものです。

健康なお肌の方には角栓が全くないわけではなく、ターンオーバーが起こる過程で古くていらなくなった角質細胞ができるので、毛穴の角質細胞も排出される過程で角栓ができるものです。

角栓には毛穴を雑菌から守る働きがあるため必要なものでもあります。
ただ健康なお肌の方はこの角栓が自然に排泄され毛穴詰まりを起こすことはありません。

自然と角栓が取れていくので、角栓が酸化して黒くぼつぼつしているようなこともないのです。

健康な毛穴やお肌の場合は自然に老廃物が排出されていくのですが、毛穴や肌の調子が悪い状態だと上手く剥がれなかったり、必要以上に角質細胞が剥がれてしまって白く粉吹きしてしまったり、毛穴にモサモサと角栓ができてしまうんです。

角栓が目立つ方は、お肌の機能が健全ではないということを示しています。

肌断食中に角栓がニョキニョキ出てくる理由

肌断食をしはじると、角栓が目立ちだすことがあります。

個人差はあるものですが、頬の毛穴からも角栓がニョキニョキと出てくることもあるものです。

せっかくお肌の調子を取り戻すために肌断食をしているのに角栓だらけになってしまって「ゲッ!これって大丈夫?」と戸惑ってしまう人も。

きちんと角栓がにょきにょき出て来る理由や、対処法を知らなければ不安になって元の化粧品生活に戻ってしまうもったいない方もいらっしゃいます。

角栓が作られても、健康なお肌であれば問題なく排泄されるので固い角栓となって毛穴に詰まるようなことはありません。

実際毛穴も目立たず角栓も見当たらないお肌の方もおられますよね。

このような方はターンオーバーが正常であり角層がきちんと剥がれ落ちているということです。

本来角質細胞はお肌を守るという大役を終えると、剥がれ落ちるという美しい幕引きをするのですが、ターンオーバーの働きが悪い場合剥がれ落ちることはありません。

しがみつくようにお肌に残ってしまいお肌のごわつきを感じてしまいます。

この原因はターンオーバーが乱れて早すぎることにあります。

肌断食を始めたばかりのときは、必要以上に角質層を落として通常のターンオーバーの周期よりも早い周期になってしまっています。

ターンオーバーの周期が早いと自然と角栓も早く出来ますが、上手く剥がれ落ちていないごわごわの角質層からは角栓がうまく抜け出せずとどまってしまうのです。

肌断食中ターンオーバーが整っていく過程においてその機能がきちんと改善されるまでは角栓がニョキニョキ出てきてしまうというわけです。

毛穴の中のターンオーバーも同様ですから角栓が自然と排泄されるような働きはすぐにはできません。

肌断食を続けていくとターンオーバーも正常なってくるので、角栓のトラブルは徐々に無くなりますのでご安心ください。

角栓が収まってくるまでの目安の期間

肌断食をしはじめると必ずお肌はガサガサします。角栓も目立つ時期がやって来るでしょう。

ターンオーバーを正常に戻すまでは仕方がないのですが、いつまで角栓が目立つのか気になるかと思います。

「やっぱり化粧品無しじゃ無理じゃん!」と思ってしまうのはちょっと待ってください。

正常なお肌のターンオーバーは、一般的に28日周期で、そのうち不要になった角質が角質層まで押し上げられるまでにかかる日数がだいたい14日間となっています。

その後角質が剥がれ落ちるまでにまた14日間かかります。ということから角栓の収まりには少なくとも14日間は必要だということです。

ターンオーバーが正常になるまでの過程だと思ってその2週間を投げ出さないでくださいね。ターンオーバーが大きく乱れている場合は1ヶ月程度元に戻るまでかかる場合もありますが、その期間は次で説明する対処法を試しながら我慢してくださいね。

肌断食中に角栓が気になる時の2つの対処法

角栓がどうしても気になるという方は、ある程度対処方法がありますので試してみてください。
無理に肌から引き剥がすような方法はしないでくださいね。

過剰なスキンケアはしないでワセリンで保湿

肌断食中の肌のごわつきや角栓が目立つときはワセリンで保湿してあげるのが効果的です。

ワセリンがおすすめできる理由は、ワセリンは酸化しにくく皮膚の中まで浸透しないためです。

皮膚に異物が浸透することはただの害なので、浸透しない保湿が必要となります。
肌の上で酸化してしまう化粧品やオイルは肌を荒らす原因にもなります。

きちんと肌の上でカバーすることで外からの刺激から守ってくれる役割を果たしてくれます。

肌断食中、まだまだキメの整っていない中途半端にめくられた角質細胞を乾燥から守ってくれます。

また角栓の中に含まれている油分がワセリンで柔らかくなってくれるので翌朝の水洗顔で自然に剥がれてくれることにもつながります。

肌断食中はお肌に何もつけてはいけないということではありませんので、乾燥してしまってもワセリンでケアしてあげてください。

毛穴に詰まっている化粧品を綺麗にする

これまで毎日メイクをしていた毛穴は化粧品が詰まっています。

化粧品の成分にこだわっていない限り、いつも使っているファンデーションはシリコンが含まれています。

ファンデーションの伸びやさらさら感を作るため、メイク崩れ予防のためにシリコンを入れているですが、シリコンは水でも石鹸でも落ちない性質を持っています。

リンスやコンディショナーを使った後体がいつまでもヌルヌルする体験をしたことはありませんか?
まさにシリコンが水で流れていないのでヌルヌルしてしまっているのです。

これまでメイクはきちんとクレンジングで落としていたというあなたも、毛穴に詰まったシリコンは完全には落とせていなかったはずです。

特に最近のファンデーションや化粧品は毛穴をカバーするためにナノ化してしっかり毛穴の奥まで化粧品を行き渡るようになってきています。

宇津木式なんかの肌断食では洗顔は水洗顔(ぬるま湯洗顔)や石鹸だけで洗顔することをすすめていますが、この方法ではシリコンは取り除くことができません。

きちんと肌断食をしても毛穴にシリコンが詰まっていれば毛穴が荒れて角栓も取り除けません。
いつまでも角栓がおさまらないという方はシリコン詰まりを疑ってみてもいいかもしれませんね。

そんなときは、化粧品の毛穴詰まりを解消できる肌断食専用のプルミエグランを使ってあげるのが効果的です。

プルミエグランは、お肌に良くない一般的に洗顔フォームに多く使われている界面活性剤を含んでいない無添加の洗顔料です。

毛穴に詰まった汚れを美容ソルトの浸透圧の力によって汚れを毛穴から引き出してくれます。

肌断食でも完全な肌断食を実行するのは難しい方もおられるでしょう。

毛穴に詰まった化粧品がきちんと取り除かれればターンオーバーが正常化される近道となります。

またきちんと肌断食をしている方も、プルミエグランは美容ソルトの自然のチカラで汚れを引き出してくれるので、角栓もスルスルとなくなっていくこともあります。

上手く肌断食を成功させるためのスキンケア用品も並行して使いながら、いち早くお肌の機能を取り戻したいですね。

まとめ

毛穴の詰まりをしっかりとケアしてあげることが角栓にょきにょきのお肌から抜け出す近道です。

化粧品のスキンケアでは逆に毛穴が詰まる原因にもなりますので、しっかりと洗顔で毛穴をきれいにしてあげて乾燥はワセリンで保湿してあげるのが成功しやすい肌断食の王道の方法です。

今まで角栓が気になって肌断食をやめてしまった人も、まさに今肌断食中で角栓が気になっている方は試してみてくださいね。