肌断食 洗顔
肌断食は過度スキンケアをしないことを指していますが、実は意外と大切なのが洗顔の方法です。

「スキンケアをやめたけど別に肌の調子が良くならないなー」と悩んでいるあなたはもしかしたら誤った洗顔をしているのではないでしょうか?

誤った洗顔をしていると、せっかく肌断食をトライしているのに「余計前より肌の調子が悪くなった」となってしまって、また化粧品まみれの生活に逆戻りしてしまいます。

今回は肌断食を成功させるために、正しい洗顔の方法を身につけましょう。

洗顔の目的

まずは具体的な方法の説明の前に洗顔の目的をハッキリさせましょう。

洗顔の目的は「新陳代謝が活発な夜の時間に毛穴が詰まっていない状態」を作ることです。

具体的に気をつけなければいけないのは

  • メイクを落とす
  • 皮脂を落とす

この二点が重要になってきます。

メイクを落とす

化粧品がシリコンや界面活性剤を含まないミネラルファンデーションなどであれば水で落とすことができます。

しかし、界面活性剤やシリコンが含まれているファンデーションだと水では落としきれませんので、しっかりと対策をとる必要があります。

肌断食をストイックにされたい方はお化粧するのであれば界面活性剤を含まないファンデーションやおしろいをおすすめします。

といっても、そこまでストイックにできないという方も洗顔方法に気をつけさえすれば普段の化粧をしながら肌断食を行うことも十分にできます。

化粧品についてはまた別で詳しくご説明しますが、水洗顔でもメイクが落とせるのであれば単に洗顔がらくちんになっていいですね。

余分な皮脂や汚れを取る

よく化粧品業界の理屈では、クレンジングや泡洗顔で保湿に必要な脂質まで落としてしまっているので、しっかりと保湿クリームなどで油分を補給してあげましょう。といわれていますよね。

皮脂は保湿のために重要!という印象を持っているかもしれませんが、実は皮脂が持っている保湿力はほとんどゼロに近いことがわかっています。

むしろ、皮脂や油分が肌の上で酸化して過酸化脂質となってしまうと逆にお肌を荒らす原因にもなってきます。

肌断食中はスキンケアをしないので皮脂を落としてあげることができさえすれば上手な洗顔といえます。

間違った洗顔方法

洗顔の目的はご理解いただけましたか?

ここで、よくある間違った洗顔方法を紹介していきます。あなたの洗顔が当てはまっていないかチェックしてみてくださいね!

洗顔フォームを使う

クレンジングなどの洗顔フォームには、クリーム状やオイル状、ゲルのようなタイプと形状に差はありますがそのほとんどが界面活性剤を含んでいます。

界面活性剤とは、物質同士の境目に作用し性質を変えるものです。
具体的にいえば、本来なら混ざることのない水と油を混ぜるというような作用のことをいいます。

メイクを落とすクレンジングは、化粧品を水と混ぜて溶かして流すために大量の界面活性剤が含まれています。

確かに界面活性剤が使われているクレンジングや洗顔フォームを使うとメイクは落ちますが、お肌の角層内にある必要な水分(天然保湿成分)も必要な脂質(細胞脂質)も一緒に混ざり溶かされてしまいます。

必要な水分や脂質を奪われたお肌はバリア機能もなく、乾燥してしまい「つっぱる」感じが出てきてしまいます。

そしてもうひとつ、洗顔フォームやそして化粧品にも含まれる悪いものは防腐剤です。

防腐剤を使うとお肌の上にいる常在菌を殺してしまいます。

お肌を弱酸性に保ち雑菌からガードしてくれているのがお顔に棲んでいる常在菌ですが、大切な菌であるにもかかわらず防腐剤がこの常在菌をも殺菌してしまいます。

パラペンがこの防腐剤にあたりますが、洗顔フォームや化粧品のそのほとんどに含まれているので、使えば使うほど常在菌がいなくなり、雑菌が繁殖しやすいお肌になってしまいます。

常在菌はお肌のバランスをとってくれているとっても大切な存在です。

「界面活性剤」「防腐剤(パラペン)」が含まれている洗顔フォームを使うのは避けましょう。

必要以上にこする

お顔をこする行為にはどんなものがあるでしょう。

クレンジングでくるくるこすったり、洗顔で強くこすったり、お顔を拭く際に強くこすったりなどが思い浮かびますね。

実は、お顔をこする行為はお肌への負担となって大きく影響します。

洗顔の際に強くこすってしまう行為でいえば、必要な皮脂や水分をこすり落としています。

これはお肌のバリア機能が働かなくなってしまう原因になってしまいます。

お肌の再生には3~4日かかるとされているので、毎日毎日こすり洗顔をしてしまうと、お肌の再生が間に合っていきません。

刺激から守るためにお肌の中ではメラニンが生成されたり、角層を厚くしたりと抵抗しはじめますから洗顔でお顔を強くこすることは厳禁です。

正しい洗顔のやり方

あなたの洗顔は間違っていませんでしたか?

間違っていた方もそうでない方も改めて正しい洗顔のやり方をチェックしてみてください。

正しい洗顔をするためには3つのポイントが重要です。

  • 水で洗顔をする
  • 落ちない場合は石鹸洗顔
  • 肌断食専用の洗顔料を使う

この3つを抑えておけば、肌断食が成功して本来の肌のチカラを取り戻せるキッカケになります。

水洗顔(ぬるま湯洗顔)

界面活性剤を含まないものでメイクをしている場合は水洗顔(ぬるま湯洗顔)で十分です。

起床時も就寝時も入浴時も水洗顔で大丈夫です。

水の温度は35度程度で行います。

高い温度のお湯で洗顔することは皮脂が落とされ過ぎてしまい、そうなると「皮脂が足りない緊急事態だ!」と理解されお肌が勝手に皮脂を過剰に分泌してしまいます。

これでは逆効果ですから水の温度は体温より少し低い温度と覚えておいてくださいね。

次に洗い方ですが、必要な皮脂や水分を落とさないためこすらない洗顔をすることです。

両手で水を溜めた中にお顔を押し入れ、手でごしごしするのではなく2~3回お顔を上下させれば水の動きだけでお顔の皮脂やホコリは落ちてくれます。

おでこを洗いたい場合はおでこを、あごのあたりを洗いたい場合はあごを両手の中のお水に押し付け、同じように2~3回上下させれば十分です。

これまでお顔の皮脂や汚れを洗い流したい一心で勢いよくばしゃばしゃさせたり、こすったり、高温にしてみたりなどの行為はあったかと思いますがただお肌に負担をかけていただけです。

洗顔後、お顔を拭きとる際も清潔で柔らかいタオルに5秒ほどお顔を押し当てるだけでオッケーです。

落ちない場合は純石鹸洗顔

一般的にメイクにおいて誰しもが界面活性剤を含まないものを選んでいるわけではありません。

ましてや肌断食をしていても日中メイクしなくてはいけない状況の方もおられるでしょう。

そのような場合、水洗顔ではメイクが落ちないこともあります。
汚れがひどい場合やしっかりとメイクをしている方は石鹸で顔を洗いましょう。

ただし、石鹸も肌断食に合った石鹸を使うほうがお肌にとっては良いものです。

肌断食中は石鹸の種類にも気を使ってください。

色々な石鹸がありますが、余計なものが含まれていない「純石鹸」をつかうことをおすすめします。

純石鹸洗顔の際も水の温度は35度ほどの温度で大丈夫です。

あらかじめお顔を濡らしておく必要がありますが、濡らす際もお顔を両手の中のお水に押し当てる方法で行います。

純石鹸を泡立てる際はよく泡立てることが重要となりますが、泡立てネットよりも毎回清潔なスポンジで泡立てる方がしっかりと固めの細かいキメの泡を作ることができます。

この泡で洗顔しますが、ここでもこすることは厳禁です。

指がお顔に触れないように泡を押し当てぼよんぼよんと押したり引いたりで泡に動きが出ればそれだけで汚れは落ちます。

目のまわり、小鼻、あごの先端などの細かいパーツには泡を指先に取り、パーツを優しく撫でてあげれば十分です。

泡のすすぎ方も水洗顔と同様に、両手の中のお水にお顔を押し当てましょう。

新しいお水に汲み替えながら10回ほどの押し洗いでオッケーです。

「これだけで大丈夫?」と不安になるかもしれませんが、大丈夫です。これまでいかに洗い流し過ぎていたのかがわかりますね。

肌断食専用の洗顔料を使用する

普段通りの化粧をしながら行う肌断食はぬるま湯洗いか、純石鹸で洗うだけでは足りません。
というのも普段あなたが使っている化粧品の中には「シリコン」が使われているからです。

シリコンはなるべくメイクが崩れないように最近の化粧品に多く使われているのですが、水でも石鹸にも溶けない特性があります。
表面についたファンデーションなどはまだ取り除くことはできますが、毛穴に詰まったシリコンは専用の洗顔料を使わないととれません。

せっかく肌断食をしているのに、黒ずんでしまったり、乾燥してしまうのはこれが原因なんです。

毛穴のつまりを解消するにはプルミエグランという界面活性剤やシリコンなど一切使われていない無添加の洗顔料がおすすめです。

美容ソルトの力で、毛穴の汚れを引っ張り出してくれるので、化粧をした後の洗顔に使うことで、肌断食で起こりがちなトラブルを解消してくれます。

洗った後に注意すること

水で濡れたままにしない

水でお肌が濡れたままになっていると、皮膚が持っている肌バリア機能を壊してしまいます。

水は自然と蒸発していくわけですが、お肌のいちばん上の角質細胞をめくれあげながら蒸発していくためお肌の表面が壊れるわけです。

めくりあげられたお肌の表面からはせっかく皮膚の中で作られていた水分が流れ出てしまいます。

これが肌バリア機能が壊れる背景です。詳しくは「水はお肌にとって悪い?」で解説しています。

水がついてもお肌が水を吸いあげて潤うのでは?化粧水ってそういう意味で使うよね?

と思われるかもしれませんが、実はそうではなかったんです。

もしそれであればお風呂に浸かっただけで人はうるうるなお肌になっているはずですよね。
あなたがもともと持っている天然保湿成分と水は全然違うので水をつけても潤いにはつながりません。

お肌に水を長くとどまらせないよう、いち早く優しく拭き取りましょう。

タオルでごしごし拭かない

洗顔後は急いでいても優しくタオルを押し当てるようにしてくださいね。

摩擦が何よりもお肌を痛め負担となります。

慣れない時は、ごしごし拭きたくなるかもしれませんが、タオルを5秒ほど優しく押し当てるだけで勝手に水分を吸収してくれます。

この5秒ほどの時間がタオルが水分を吸い上げるのに必要な時間だと思ってください。

また、買ったばかりのタオルは表面が油性でコーティングされているので新しいタオルは水分の吸収力が弱いです。
新しくタオルを下ろすときは事前に1~2回洗ってから使用しましょうね。

逆に使い古したタオルは吸水は良いのですがガサガサで固くなっていますので、たとえお顔を優しく押し付けただけでもお肌への負担となります。
使用するタオルにも注意が必要です。

まとめ

肌断食を成功させるために、実は重要な洗顔は是非正しい方法で行ってください。

特に肌断食はしようと思うけど、日中はお化粧をされるあなたは、普通の肌断食の方法で洗顔すると毛穴が詰まったままで寝ている間の時間を過ごしてしまいます。

少しでも肌断食を成功できるように適切なケアをしてあげてくださいね。

洗顔の方法が理解いただけたら、次は肌断食の時のスキンケアについて紹介させていただきますね。