肌断食をしている間でも、仕事上の都合やフォーマルな場に行くときなどメイクをする必要がある場合もあります。肌断食ではポイントメイクについては、あまりお肌に負担をかけないので厳しい制限はかけていません。

しかし、ファンデーションはお肌に塗る範囲が広い分できるだけ使用しないことを勧めています。
そこで、今回はファンデーションをできるだけお肌に負担をかけない形で、メイクに取り入れる方法についてご紹介します。

ポイントは落としやすさ

宇津木式などの厳格な肌断食方法で、ファンデーションを制限している理由のひとつに「ファンデーションを塗ることでお肌に負担をかけてしまう」ということがあります。

しかし、それ以上に問題なのがクレンジング剤の使用です。多くのファンデーションは、落とすときにクレンジング剤を必要とします。
特に界面活性剤活性剤や油分を含んでいるリキッドタイプやクリームタイプのファンデーションは、しっかりクレンジングしないとお肌に残ってしまいます。

しかし、肌断食ではクレンジング剤を使用することは禁止されています。特に、宇津木式は厳格でクレンジングは一切使ってはいけないことになっています。ですから、クレンジング剤を使用しないで落とすことのできるファンデーションを選ぶことが重要です。

石鹸で落とすことができるミネラルファンデーション

そこで、クレンジング剤を使わないで石鹸で落とすことのできるファンデーションとしておすすめなのがミネラルファンデーションです。
ミネラルファンデーションは、天然成分の鉱物を原料としています。天然鉱物をパウダーにしているファンデーションなのでクレンジングを使わなくても落とせるのが魅力です。

しかも、お肌への負担も軽い成分なので安心して使えます。

ミネラルファンデーションと言ってもいろいろな会社から販売されていますが、おすすめは石鹸で簡単に落とせるエトヴォス「マットスムースミネラルファンデーション」です。

気をつけていただきたいのは、ミネラルファンデーションという名前で販売していても、メイク落としにクレンジング剤が必要とされているものもあるので注意して選びましょう。

また、ファンデーションを落とすときにお湯を使うこともできるだけ避けたいものです。
水を使って石鹸でやさしく落としていけば、お肌への負担を減らせます。

さらに、日焼け止めは肌断食では禁止されていますがミネラルファンデーションの中には紫外線防止効果が期待できるものもあります。
水で落とせる日焼け止めという意味でも、ミネラルファンデーションはメリットがあると言えるでしょう。

きれいにのせるためにワセリンをプラスする

肌断食を始めて間もない時期にミネラルファンデーションを使うと、粉を吹いたような状態になることがあります。きれいにファンデーションを塗りたいときには、肌断食中でも使用してよいといわれているワセリンをプラスしてみましょう。

使い方としては、乾燥している部分に薄くワセリンを塗ります。
あまり、塗りすぎてしまうと逆にファンデーションがムラづきしてしまうので注意しましょう。

せっかくファンデーションを塗っても、粉っぽくなったりムラになったりしたのではお化粧をする意味がありません。ワセリンを上手に取り入れつつファンデーションを使うことできれいにメイクがお肌になじみ、乗せやすくなります。

まとめ

肌断食ではできるだけメイクをしないことを推奨しています。
ただ、どうしてもメイクをしないといけない場合は、ミネラルファンデーションを使うことをおすすめします。

ミネラルファンデーションならお肌への負担も少なく肌断食で重要な「水で落とす」というポイントもクリアできます。肌断食を長く続けていくためにも、ミネラルファンデーションを上手に取り入れていきましょう。