肌断食では、お化粧をしないことが推奨されています。しかし、社会生活をしていく上ではメイクが必要となることも少なくありません。実は、メイクの中でもアイメイクをはじめとするポイントメイクは比較的厳しい取り決めのある宇津木式肌断食でも、ある程度許容されているメイクです。そこで、肌断食中の上手なアイメイクの方法や注意点をご紹介します。

宇津木式肌断食でもある程度許容されているアイメイク

肌断食の実践方法の中でも制限の多い宇津木式肌断食においても、アイメイクなどのポイントメイクはある程度許容されています。ですから、最低限のメイクをしたいという人はアイメイクを取り入れましょう。ファンデーションをつけなくてもアイメイクをするだけで顔の印象が変わります。顔にメリハリをつけてスッキリした雰囲気を出せるのでおすすめです。

石鹸で落とせるアイメイクアイテムを選ぶ

肌断食ではクレンジング剤を使うことはできません。クレンジング剤を使うとお肌の皮脂を必要以上に取り去り、結果お肌が荒れてしまうことになります。かと言ってクレンジング剤を使わないでいると、メイクをしっかり落とすことはできません。すると、毛穴が詰まりお肌のターンオーバーが乱れてしまいます。ですから、お肌に負担の少ない石鹸で落ちるメイクアイテムを使うことがポイントとなります。特にアイメイク商品は、化粧品の中でも落としにくいものが多いので慎重に選びましょう。

フィルムタイプのアイライナーなら石鹸で落ちる

おすすめのアイメイクアイテムはフィルムタイプのアイライナーです。これは、石鹸で落とすことができます。アイライナーを使っている人の中には、ペンシルライプのアイライナーが好みの人も多いです。確かにナチュラルにアイラインが引けるのが魅力のペンシルタイプですが、残念ながら石鹸では落ちないので使えません。フィルムタイプのものを選びましょう。

お湯で落とせるリキッドタイプのアイライナーも

リキッドタイプのアイライナーの中には、お湯でオフできるものもあります。しかも、水に強くて崩れにくいのもメリットです。しっかりした目元にしたいときには、このタイプを選ぶといいでしょう。

マスカラも石鹸で落ちるフィルムタイプを

マスカラも石鹸で落ちることがポイントです。石鹸で落ちることを考慮して選ぶと、やはりフィルムタイプのマスカラがおすすめです。

アイシャドーはパウダータイプのものがおすすめ

アイシャドーもクレンジング剤が不要なものを選ぶのが基本です。石鹸で落とせるアイシャドーとして挙げられるのがパウダータイプのものです。パウダータイプのアイシャドーの中から、自分の好みに合うカラーのものを選んでメイクを楽しみましょう。

アイブローもパウダータイプのものを選ぶ

眉に使うアイブローも、やはり石鹸で落ちるパウダータイプのものを使いましょう。ただ、他にもETVOSのミネラルペンシルタイプのアイブローなら石鹸で落とすことができるので使うことができます。

アイメイクのクレンジングにおける注意点

肌断食中のアイメイクにおいて注意したいのが、メイクを落とすときお肌に負担をかけないことです。ですから、クレンジング剤は使わず石鹸で落とします。どうしても落ちにくい場合は、お湯を使ってもいいのですがそれも肌の負担になりやすいので、できるなら水で落とすのがベストです。

また、それでも落ちない場合は肌断食で使うことが推奨されているワセリンをメイクしている部分になじませて落とすのもひとつの方法です。また、綿棒に石鹸を少しつけてやさしくふき取るというクレンジング方法もあります。それでも落ちなかったアイラインやアイシャドーは、ワセリンをつけた綿棒でやさしくクルクルと転がすようにふき取りましょう。肌断食をしているときのアイメイクのクレンジングは、くれぐれもお肌に負担をかけないように慎重に行うことが大切です。

まとめ

アイメイクは肌断食の中でも許容されやすいメイクです。ただし、石鹸で落とせることが前提となりますから、アイテム選びが重要です。アイメイクのアイテムごとに、石鹸で落とせる肌断食向けのものを選んで楽しくメイクしていきましょう。