肌断食ってアトピーの人がするとどうなの?気になる効果と注意すべき点

アトピーってどんな状態??

アトピー性皮膚炎は肌バリアが機能していない状態で、どんどん内側から潤い成分が蒸発してしまい肌が極度に乾燥してしまいます。

バリア機能がない状態なので、化粧品などが中に入りやすい状態です。

中に入るとランゲルハンス細胞が反応してしまい、あらゆる外からの刺激に反応して炎症やかゆみが起きてしまいます。

アトピーは身の回りの化学物質を減らすのが大事

普段使う化粧品や洗顔料など直接お肌に触れるほとんどのものには、自然界には存在しない化学的に作られた成分が含まれています。
化粧品や洗顔料に含まれる界面活性剤や香料、添加物は肌バリア機能の低下したアトピー肌の方にはたいへんな刺激となって乾燥が進み、炎症やかゆみを起こさせてしまいます。
アトピー性皮膚炎は、皮膚から化学物質が入り込むのを排出させようとする反応で起こる炎症です。
そのほかにも、喘息の症状で炎症が起き、化学物質などの毒素を体外へ排出する反応が現れることもあります。
なので、アトピーを改善するには、身の回りにある化学物質を減らすことが大切なんです。
身の回りにある化学物質を考えるうえで直接的に排除できるのは、まずは化粧品となりますね。

化学物質を含んだ成分の具体例

では実際にどんなものにアトピーによくない化学成分が含まれているのか紹介させていただきますね。
基礎化粧品、ファンデーション、ポイントメイク、日焼け止めにも化学成分は含まれますのでメイクはアトピー肌にたいへんな負担となります。
洗顔料、シャンプー、染毛剤、合成洗剤も同様です。
化粧品に含まれる界面活性剤は、混ざることのない水分と油分の成分をちょうどよく混ぜ合わせるために配合されています。
乳液やクリームなどに含まれる界面活性剤は、乳化作用となって様々な成分同士を混ぜ合わせる役目をしているんです。
ファンデーションや日焼け止めには、毛穴をカバーしたり伸びを良くするためにシリコンがオイルとなって配合されています。
それらを落とすためのクレンジング剤にもまた界面活性剤が必然的に必要になってたっぷり配合されているのです。
どれもこれも使い心地の良さのために配合されているようなものですね。
アトピー肌にお悩みの方がこれらの製品を使用することは拷問といえます。
無添加やノンケミカルの化粧品を選ぶこともよいのですが、これらをきっぱりやめてしまうことも大切です。

肌断食でアトピーはよくなるの?

アトピーには様々な原因があげられますが、その一つは化学成分です。
私たちは、化学成分があふれる中で生活しています。
食品添加物や水道水の塩素、農薬、合成洗剤、化粧品、洗顔料などなど生活のすべてには化学成分が存在しています。
ということからも、出来る限り化学成分を使わない生活をするとアトピーの改善が期待できます。
いちばん身近なものから化学成分を排除していくには、肌断食が最適だといえるのです。
アトピーは、体に不要な化学成分に反応するので、もし今の状態が化学成分たっぷりの化粧品によって悪化しているならば、肌断食がすすめる水洗顔(ぬるま湯)と化粧品断ちでお肌は改善できると思われます。
ですが、アトピーの原因が化粧品以外であれば悪化する場合もあるので、その場合はいち早く皮膚科を受診して医師の診断を受けてくださいね。

悪化してしまう場合は皮膚科へ行きましょう。

アトピーは、決して化粧品をやめただけで治るものではありません。
肌断食はアトピー肌に有効な美容法だといえますが、自己判断でケアすることで取り返しのつかない状態になっては大変です。
専門機関の薬物治療や生活指導を受け適切なケアをしていくのが大切なことです。