「スキンケアをしっかりしているのに、全然お肌の調子は良くならない・・・。」
という方はもしかしたらスキンケアの方法が逆効果になってしまっているかもしれません。

一般的に推奨されている化粧水⇒美容液⇒保湿クリームといった、スキンケア化粧品をたくさん使ってスキンケアをすると、逆に肌バリア機能が破壊されお肌は乾燥します。

スキンケアが原因で、肌バリア機能が壊されて乾燥してしまう。
乾燥が気になって保湿化粧品で再びスキンケアをするという繰り返し。

ものすごい悪循環なのがわかりますか?

残念ながらスキンケアに一生懸命な方ほどお肌が汚くなってしまうんです。

今回は一般的なスキンケアが引き起こす肌を荒らしてしまう理由について紹介していきたいと思います。

この記事をご覧になって、思い当たるスキンケアをしていれば、見直すことでお肌の調子を取り戻すキッカケになります。

スキンケアが起こす悪循環

肌の力が失われつっぱってしまう

化粧をすると絶対にしないといけないのが洗顔ですよね。

洗顔もクレンジングや化粧を落とす力の強い洗顔料を使っている場合、多くの合成界面活性剤が含まれているので、必要な皮脂までもが落とされています。
それによってお肌は角層が薄くなり、ひび割れて乾燥してしまうのです。

これがお肌がつっぱる原因となります。

つっぱるお肌は、クレンジング剤で細胞間脂質(私たちが持っている脂性のうるおい成分)が溶かされ続けた重症の乾燥肌です。
自身のうるおい成分が無くなってお肌の力が失われてしまっているのがつっぱりの正体なんです。

化学物質が毛穴に入って荒らしてしまう

お肌はの機能の一つに、外からの異物を中に入れないようにするという機能があります。異物が入り込めば排除してくれます。

例えば、シミなんかが実はその機能の一つで、お肌が紫外線という刺激から守るために、メラニンという色素を増やして中に紫外線が入らないように守ってくれています。
この刺激は紫外線だけではなく、化学物質でも同じです。

化学物質がお肌に入ろうとすると、中に入れまいと肌のバリア機能が働きます。
そのバリア反応がお肌の炎症となってあらわれるのです。

化粧品に含まれている化学物質である界面活性剤、また保湿に効果的と考えられている油はお肌の上で酸化しお肌を荒らす酸化物となります。
どちらもお肌にとっては異物と認識し排除する働き炎症に繋がってしまいます。

意外かもしれませんが「美容成分」と呼ばれる成分も、お肌にとっては異物です。
浸透するのはあくまでも角層まで。それ以上入ってしまうと、成分がいくらお肌にとっていいものでも炎症の原因になってしまいます。

よく化粧品で言われている浸透という言葉は「浸透してしっとり」という意味ではなく、美容クリームなどが含む界面活性剤や油がバリア機能を破壊しながら徐々に浸食してしまう…と表現するのが正しいでしょう。

化粧品に含まれる肌に悪い成分

具体的に化粧品に含まれている肌にとっては悪い影響を与えてしまう成分を紹介していきます。
手持ちの化粧品を確認してみて、これらが含まれていないかチェックしてみてください。

含まれている場合は、徐々に悪い成分が含まれている化粧品をやめていって悪い循環から抜け出してくださいね。

乳化成分(合成界面活性剤)

乳液などの保湿化粧品は、水と油を混ぜて乳化させるために含まれる合成界面活性剤が含まれています。
たいへん強い作用なので、お肌の角質にある必要な油分と水分までもをも溶かしバリアを破壊してしまうんです。

バリアが壊れると、お肌が乾燥し炎症が起こってしまいます。

また、バリアが壊れたままですと、異物は入りたい放題で炎症も起き放題というぼろぼろのお肌になってしまいます。
合成界面活性剤は、成分表にはそのままでは表示されていません。

200を超えるものがありますので、簡単な見分け方を紹介していきます。

まず、「スルホン酸」、「〇〇硫酸」と書かれていれば黄色信号です。
+「アンモニウム」、「Na」、「ナトリウム」と書かれていればほとんどの場合お肌に影響のある成分です。

たまにこの見分け方に当てはまらない、大丈夫な成分もありますがほとんどこの見分け方で対応できます。

合成ポリマー

合成ポリマーとは、大きくいうと化学的に合成された高分子の化合物を指します。

化粧品に含まれるシリコンがそれです。
毛穴を隠したり、伸びが良くさらさらで滑らかな触り心地で密着するファンデーションはシリコンがその役目をしています。

シリコン自体はアレルギー反応を起こさなかったり、特に悪い影響はないのでたくさんの化粧品に使われています。

でもシリコンの怖さは他にあるんです。
シリコンは直接人体に害がないのですが、いったん皮膚についてしまうとなかなか落ちないという特徴があります。

リンスやコンディショナーに多く含まれているのですが、結構シャワーで流してもいつまでもスルスルしてますよね。
あれは髪の毛の荒れたキューティクルにシリコンが入り込んでツヤツヤにしてくれているんです。

髪の毛だとあまり影響はありませんが、これが毛穴だと考えたらどうでしょうか?

いつまで流しても毛穴に詰まったシリコンは落ちません。
シリコンを使った化粧品を使うとお肌が陶器のように仕上がり、一見滑らかになりますが毛穴を詰まらせターンオーバーを遅らせてしまいます。

お肌の新陳代謝であるターンオーバーが遅れると角質層が厚くなり、しわやたるみにつながってしまいます。

防腐剤

防腐剤の王様パラベンが含まれている化粧品は要注意です。

この防腐剤の力は強力で、お肌にとってたいへん困った作用をしてしまいます。
お肌には本来常在菌がいて弱酸性に保つ働きをしているのですが、防腐剤が必要な常在菌を殺してしまい、肌トラブルを引き起こす真菌などが増殖しやすい環境を作ってしまうのです。

化粧品に防腐剤が使われる理由は、化粧品自体に微生物が繁殖しやすいからです。化粧品にはカビや細菌の好物が多く、微生物の棲みやすい環境といえます。

化粧品に防腐剤を入れることで品質の低下や劣化を防ぎ、長く使える商品を作っているんです。
でもそれが逆にお肌にとっては悪影響なので、なるべくパラベンフリーと記載された化粧品を使うようにしてください。

実は要注意!美容成分

美容成分には、ヒアルロン酸やコラーゲン、プラセンタ、スクワランなどがありますね。

「お肌にうるおいを与える」などと謳われる美容成分ですが、実はそんなことはなくお肌はそれらを異物として認識し排除するために炎症というかたちで現れてしまいます。

また、これらの美容成分はもともとは粉です。
粉を水に溶かしてトロトロにして、化粧品に配合しています。

お肌につけたときはトロトロして、保湿をしてくれますがいったん水分が蒸発して飛んでしまうと元の粉の状態に戻ってしまいます。
粉は水分を引っ張る特徴があるので、いったん美容成分が乾燥してしまうと今度は逆にお肌の水分を奪ってしまい、乾燥の原因になってしまいます。

よく時間がたつとべたつく化粧品がありますが、あれはまさに美容成分の水分が飛んでしまっている状態ですね。

まとめ

以上がスキンケアをしているのにお肌が荒れてしまう原因の紹介です。

いかがでしたか?
「使っている化粧品に合成界面活性剤が使われていた・・・」
「シリコンがたっぷり入っていた・・・」
と、原因が見つかった方はラッキーです。

これらの化粧品を上手く断っていって、肌断食を取り入れることでお肌のトラブルから解放される第一歩です。
いきなり化粧品をやめるのは反動も激しいので、夜だけ肌断食を取り入れましょう。

夜だけ肌断食を取り入れることで、ターンオーバーが正常化して健康なキメを取り戻せますよ。